日本産科婦人科学会学術講演会 産科学及び婦人科学の進歩・発展に貢献するために
日本産科婦人科学会学術講演会

シンポジウム

第71回学術講演会シンポジウム担当希望者公募

2019年に行われる第71回学術講演会シンポジウム希望課題を会員から公募し、その結果下記の2課題を採用することが決定しております。つきましては、課題担当者を公募いたしますので、希望者は下記要領によりお申込み下さい。

シンポジウム1(腫瘍)
課題名:「ゲノム研究に基づく婦人科がんの発生・進展機構の解明」

〔解説〕
 次世代シークエンサーが基礎研究の分野で普及してから相当の時間が経過し、その解析方法が確立するとともに、費用の面でもかなりリーズナブルとなってきた。臨床の分野でも研究レベルではすでに一解析手法として用いられることも多く、そして実臨床レベルでも、倫理的な問題など克服すべき課題はあるが、技術的、費用的には十分実用的になったと言える。新しい解析方法によってゲノム研究は近年大幅な進歩を遂げ、その成果は、遺伝子の体細胞変異の網羅的解析によるドライバーがん遺伝子の同定やそれに基づく新たな診断法の開発や標的分子の同定、さらに、がんのメタボローム異常や進展過程の理解など多岐にわたる。そこで、本シンポジウムでは、これまでに婦人科悪性腫瘍分野で行われてきたゲノム科学に関わる研究の最新成果について課題を募集する。
〔キーワード〕
婦人科悪性腫瘍、ゲノム科学、次世代シークエンサー、遺伝子変異、エピゲノム、がん遺伝子、分子標的治療、ゲノム診断

シンポジウム2(生殖・内分泌、女性ヘルスケア)
課題名:「妊孕性改善と生児獲得を目指したpreconception care」

〔解説〕
母体高齢化や生活習慣・環境変化に伴い、挙児を希望する女性の前に立ちはだかる多くの病態によって、妊孕性の低下や妊娠維持機構の障害が発生している。一方、妊娠予後の改善に向けたpreconception careの重要性が指摘されている。中でも妊娠・生児獲得へと円滑に移行する妊娠前管理が広がりを見せている。本シンポジウムでは、妊孕性・妊娠維持機構の障害に関わる局所・全身の病態を解析し、その克服を目指したpreconception careについて、議論を深めたい。
〔キーワード〕
不妊症、着床障害、甲状腺機能、耐糖能障害、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、るいそう・肥満、不育症、卵巣機能

応募方法

提出期限:
平成29年11月30日(木)必着 終了しました
申込用紙:
こちらからダウンロード(WORD)
「シンポジウム課題名」(上記の2課題)と「分担希望題目」(応募者が希望する演題名)を逆に記入しないようにご注意ください。
添付書類:
関連論文2編の別刷各10部(コピー可)を添付すること。疫学データを使用する際には、倫理委員会の承認を得た疫学研究のプロトコールもしくはデザインペーパー(別刷り10部、コピー可)も同時に添付すること。
応募宛先:
〒104-0031
東京都中央区京橋3-6-18 東京建物京橋ビル4階
公益社団法人日本産科婦人科学会 第71回学術集会長
「第71回学術講演会シンポジウム演者応募」と表記のこと

応募上の注意

  1. 日本産科婦人科学会会員であること。
  2. 同一機関から同一課題についての応募は単数であること。
  3. 同一会員が二課題以上には応募できません。
  4. 応募者は単名であること。連名は受け付けません。
  5. シンポジウムの表題、演者名、抄録内容*、倫理的配慮**、利益相反***など、応募内容については、すべて演者の責任で確認したうえで応募してください。
    *応募内容(不採用を含む)、抄録ならびに発表内容に不正(データの捏造、改ざんや盗用)が発覚した場合、学術講演会発表に関する内規に従い処分されることがあります。
    **「ヘルシンキ宣言」、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針(文部科学省・厚生労働省・経済産業省)」・「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(文部科学省・厚生労働省)」・「遺伝子治療等臨床研究に関する指針(厚生労働省)」・「ヒト受精胚の作成を行う生殖補助医療研究に関する倫理指針(文部科学省・厚生労働省)」などの医学研究に関する指針、本会の倫理に関する見解を遵守して下さい。また、臨床研究においては患者個人情報保護に十分に配慮して下さい。抄録上明らかな重大な違反は不採用となります。シンポジウム演者採用後、発表時もしくは発表後に重大な違反が発覚した場合、学術講演会発表に関する内規に従い処分されることがあります。
    ***臨床研究(ヒトまたはヒトから得た検体に関する研究)に該当する場合、本会の利益相反に関する指針、同運用細則(PDF)に従い利益相反を申告して下さい。同指針違反者は同指針・運用細則に従い措置を受けることがあります。

    利益相反自己申告書(WORD)